• 反物1
  • 巻物
  • 市松
  • 興紬では、本場の奄美大島紬の美しさを皆様にお届けするため、本場奄美大島紬の伝統の技術に裏打ちされた「本物の逸品」を産み出すことに全力で取り組んでおります。

    興紬工房の奄美大島紬は、奄美大島に昔から伝わる古代大島紬の泥染龍郷柄、秋名バラ、戸口西郷はもちろん、生産量が少ないと言われる龍郷柄の白大島など伝統的な『古典柄』、古典柄をアレンジした『モダン柄』、横糸のすべてに絣糸を用いた『総絣』、大島紬の技法のなかでも特に難度が高いとされている地摺り込みの技術を地と絣のすべての糸に施した『地摺り込み総絣』、そして総絣の糸に何色も色を重ねて深いグラデーションを実現した『奄美彩総絣』など、幅広いジャンルにわたって開発を進めております。

    わたくしたちは常に「皆様の喜んでくださる本物を創りたい」という想いを胸に最高の技術を駆使し、時代に合った表現を常に追求しつつ、日々精進してまいります。

最新ニュース

amammy最新号の表紙の紬にご注目!

奄美の女性向けフリーマガジン「ammamy」の第3号「ハレの日のオンナ」が3月8日に発刊されました。 表紙は、奄美の唄者でもあり期待のシンガーソングライターでもある「楠田莉子」さん、莉子さんのお母様の楠田敬子さん、おばあ … Continued READ MORE

Scroll Up